マヌカハニーのガン細胞への効果

マヌカハニーのガン細胞への効果

マヌカハニーのガン細胞への効果

マヌカハニーは抗菌作用に優れていて、胃に棲みつくピロリ菌までも除菌することができます。
一般的なはちみつよりも効能に優れていて、世界的に注目され、研究がおこなわれています。
ピロリ菌を除去する力や、傷の治癒効果など次々とマヌカハニーの万能な効能が明らかになっています。

 

そして、今とくに注目されているのが、「ガン細胞への効果」です。
本当にマヌカハニーのガンを予防したり治す力があったら、革命的ですよね!日本国内でもがんの死亡率が目だっていますし、気になる効果ではないでしょうか。

 

リサーチしてみると、マヌカハニーのガン治療との研究が行われたそうです。
2013年にUAE大学が、がん治療とのかかわりについて研究を行い、その結果が発表されています。

 

その結果、なんと、皮膚ガン・直腸ガン・乳ガンのガン細胞を「抑制する効果」があったとのことです。
これは、非常に期待できる発表ですね。今後、ガンの治療にマヌカハニーを活用されることがあるかもしれません。

 

また、

マヌカハニーにピロリ菌をも除菌する力があることも、ガンの予防につながるという考えがあります。
ピロリ菌は胃に棲みつくと勝手に除菌されることはありません。

 

そのまま棲みつくことで、胃炎をはじめ、胃潰瘍や胃ガンを発症するリスクが高くなります。

 

つまり、ピロリ菌を除去するという角度から、胃ガン予防にも効果が期待できます。

人気のマヌカハニーサプリRANKING